リフォームのエキスパート JFDクリエイティブサポート

業務内容Services

01建物インスペクション

住宅現況検査

戸建住宅やマンションの劣化状況や構造部の損傷、雨漏りや水漏れなどの不具合を調査。床下や屋根裏等、通常見ることができない個所もチェックします。
報告書を作成し、調査結果を分かりやすくご説明します。

瑕疵保険検査

既存住宅売買瑕疵保険の対象検査を行い、保険付保適合の可否を判定。
あわせて保険取次から証券発行までワンストップで行います。

耐震診断

建物の柱や壁の配置、外壁や屋根、基礎の材質や形状、老化状況を調査し、その家屋データを、耐震診断の専用ソフトにより解析。
建物の保有耐力を算出し、耐震強度を評価します。

鉄筋コンクリート非破壊検査

建物の基礎や擁壁等の鉄筋コンクリート部の圧縮強度とリバウンドハンマーによる非破壊検査で推定。配筋状況を鉄筋探索機により調査します。

建物沈下量調査

不同沈下等が生じている建物において、床の沈下量や柱の傾斜を正確に計測。
あわせて床下や基礎の状況を調査し、建物の状態を把握します。

地盤調査

既存住宅の敷地内における地盤の状態をスウェーデン式サウンディング試験により調査。
建物の不同沈下と地盤や擁壁の変状の原因を検証します。

02耐震リフォーム

  1. step1

    耐震診断
    (現地調査)
    建物の柱や壁の配置、外壁や屋根、基礎の材質や形状、劣化状況を調査します。
  2. step2

    耐震性能解析
    調査データを耐震診断専用ソフトにより解析し、建物の保有耐力を算出します。
  3. step3

    耐震補強設計
    建物の現在の保有耐力と目標とする耐震性能を比較し、リフォームプランやコスト等を考慮した効率的な補強設計を行います。
  4. step4

    助成制度申請
    耐震補強設計、工事の計画を自治体の助成制度に申請します。
    役所との事前打ち合わせや図面作成、申請代行を行います。
  5. step5

    耐震補強工事
    壁や基礎補強、屋根の改修による建物の軽量化等、耐震性を向上する工事を行います。設計監理を徹底し、役所検査に立ち会います。
  6. step6

    役所完了報告
    申請済みの工事内容について、役所に完了報告を提出し、助成金請求申請を行います。
  7. step7

    アフターフォロー
    工事後は年1回の定期点検を実施し、アフターメンテナンスをご提案します。

03保険・保証・証明

既存住宅売買瑕疵保険

売買される既存住宅を引き渡し前に検査し保険基準に適合している場合、瑕疵保険に加入できます。
引き渡し後の最長5年間に隠れた不具合(瑕疵)が見つかった際の修補費が支払われます。

耐震基準適合証明書

戸建住宅やマンションが新耐震基準に適合していることを、建築士が証明し発行する書類です。
おもに住宅ローン控除、登録免許税の軽減等の申請時に必要となります。

フラット35適合証明書

中古住宅購入時にフラット35の融資を受ける際に当該建物の検査を行い、耐震性能等の技術基準を満たしている場合、適合証明書を発行します。

既存住宅地盤保証

既存住宅の傾斜測量や地盤調査を行い、保証基準に適合している場合、建物の沈下に対する保証をします。

改修工事証明書

所定の改修工事を行った場合の固定資産税や不動産所得税の軽減に必要な証明書です。

TOPへ戻る